原日出子 病気 更年期 たけしの家庭の医学 渡辺裕之

「たけしの家庭の医学」2013.11.12放送)で、原日出子さんの病気について放送しましたね。
今日はその話題です。

原日出子さん、数年前、体がかなり調子悪かったようです。
初めは動悸・息切れに「心臓の病気では?」
と思い、総合病院で検査してもらったのだけれど、異常なしという結果に。

重い病気でなかったことに安心したものの、
「これはなんらかの病気というより、もしかしたら更年期?」との思いに至り、
複雑な心境だったようですね。

自分がもし更年期とわかれば
「あなたは年なんだ」ということを突きつけられるようで
そのことを絶対に認めたくなくって、
その後は病院にも行かず一人で病気に耐えていたようですね。

そして、どんなに体調が悪くても、
旦那さん(渡部裕之さん)や子供さんの前では元気なお母さんを演じていたそうです。

harahideko2.jpg
画像元http://www.asahi.com/showbiz/gallery/081125_007/1009.html

原日出子さん、本当に辛かったでしょうね〜・・・・。

体調が悪いのに、そのそぶりを見せず、元気なふりをして
夫の渡部裕之さんや子供さんにも打ち明けず、一人になった時だけ、寝込んでいるなんて・・・。

体も辛いけれど、心も辛いですよね〜。
しかも3年ですよ、3年!

なぜそんなにしてまで、そんなふりを・・・・と思うけれど、
原日出子さんは、御自身の御両親が離婚されていて、
また若いときに原さん御自身も離婚歴がある事から、
今の家庭だけはなんとしても大切にしたいと言う思いが強かったからだそうです。

本当は、辛いときこそ支えあうのが家族かとも思いますが、
原日出子さん、自分の病気で今までの家族関係が変わってしまうかもしれないことに
よほど恐れを抱いていたのではないでしょうか?

女優ができる位ですから
演技はお手のもの、周りも病気に気づかなかったのでしょうね。
(マネージャーさんだけは気づいたようです)

そんな折、たまたま見ていたテレビで、
女優の奈美悦子さんが、自身の更年期障害を克服した番組をやっていたそうです。
原さん、「わたしもきっとこれだわ」と思い、奈美さんに相談する機会を得ました。
奈美さんのアドヴァイスで、だんな様の渡部裕之さんに更年期のことを打ち明ける決心がつき、
また、病院にも行く勇気がわいたそうです。

原日出子さんにとって、奈美さんの存在は大きかったですね。

渡部裕之さんは、原さんの更年期のことをを聞いて病気の原日出子さんを支える決意を。

いやあ、泣かせてくれました。

渡部裕之さんは、原さんが『ありがとう』と言って気を使わなくていいように、
原さんの意識が別に向いてる時に(例えば電話している時など)
たまった汚れ物洗ったりなどしてくれたそうです…。
そんな細かい気遣いができるなんて、男性とは思えないくらいですよ。
渡部さん、ほんと原さんを愛しているんですね。

渡部裕之さん、素敵すぎます。

病院では漢方薬を処方されたそうですが、
原さん、その後たった2ヶ月でよくなったそうですよ。

きっと自分1人だけで背負い込んでいた、心の重荷が取れたんでしょうね。

それに、本当の意味での家族の絆が築かれたのではないでしょうか?

病気になったときこそ、家族の支えが本当に必要だと思います。
それなのに、逆に病気になっていることを家族に隠すのは、
病気を悪化させる最大の原因だということを示してくれますね。

原日出子さんは、そういうことを私たちに身をもって教えてくれました。
ありがたいな〜と思います。

今は元気になられたようで、本当によかったです。

harahideko1.jpg
画像元http://hara.unicorn-net.com/profile/

原日出子さん、そして渡辺裕之さん、
これからも私たちに素敵な夫婦としてテレビでそのお姿を見せてくださいね。

原さんと同じ更年期の悩みを持つ方に、人気の漢方サプリのようです。
↓ちょっと高いですが、返金保証が付いているから、一度試してみる価値はありそうですよね。
更年期

以上、「たけしの家庭の医学」原日出子さん編の御紹介と感想でした。

今日も御閲覧いただきありがとうございました。







この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。