デヴィ夫人「深イイ話」で若さを保つ美容法紹介

2013年11月4日の、「しゃべくり007×人生が変わる1分間の深イイ話合体スペシャル」に
デヴィ夫人(デヴィ・スカルノさん)が登場し、
その若さの秘密の美容法と健康法についてお話されました。

デヴィ夫人は御歳なんと74歳。
とても実年齢とは思えぬ美しさと若さを保たれていますね。
devihujin.jpg
引用元:http://ameblo.jp/cp21/entry-10129430976.html

さて、そこで「深イイ話」では早速デヴィ夫人の体内年齢の計測を行いました。

その結果は

・肌年齢       58歳(実年齢のマイナス15歳)
・毛穴の数     690個(同年齢平均2767本の4分の1)
・しわの数     10本(同年齢平均21本の2分の1)
・体内年齢     57歳(実年齢のマイナス16歳)
・骨年齢       66歳(実年齢のマイナス7歳)
・血液        サラサラ状態

ということで、美しいだけでなく、お体自体が健康で、若いということが数字で証明されました。

さてこれらの結果をもたらしたデヴィ夫人の若さの秘訣はいったい何なのでしょうか?

【デヴィ婦人の若さと美しさの秘密】

1.少なくとも1日10回は感動すること
 
 「そんなに感動することは毎日起こらないよ!」
と思ったあなた、それは感動する習慣がないだけで
デヴィ夫人によれば、感動とは自らが作り出すもののようです。

たとえどんな小さなことでもいい、
例えばご飯が普通においしかったら「おいしい〜!」と感動、
たった一輪の花でも「きれい〜!」と感動、
青空が美しかったら、「幸せ〜!」と感動、
・・・・・と、感動する対象は何でもいいそうです。

感動するときの高揚感がとっても大切で、
この高揚感がホルモンやリンパを活性化させるのだそうです。

食生活やエクササイズよりも
「この精神的な部分がもっとも大切よ」
とデヴィ夫人はおっしゃってました。

2.食生活
   「ま・ご・は・や・さ・し・い」食品を積極的にとる。
   肉はほとんど食べない。

「まごはやさしい」とは

◎ま=豆
◎ご=ごま
◎わ=わかめ
◎や=野菜
◎さ=魚
◎し=しいたけ
◎い=いも

だそうです。
健康によい食生活の例として時々お聞きする言葉ですよね。

お肉については色々な意見があるようで、
同じく出演者の伊達友美先生は、
お肉は若いうちから全く食べないと、老化するのが早くなるとおっしゃっていました。

但しデヴィ夫人の場合は、若い時代にお肉を結構食べたそうです。
伊達友美先生によれば、人間には肉を生涯で食べる必要総量、というのがあり、
デヴィ夫人は、若い頃にたくさん食べているので、
今は食べなくてもいいのでしょう、と話していました。

肉食中心の欧米型食事は癌などの生活習慣病の危険性が高まる・・・・
という説もありますし、どの説を信じるべきか迷いますよね。

デヴィ夫人に関しては
お肉は肉はめったに食べず、1ヶ月に1、2回だそうです。

それであれだけの若さと美貌を保っているわけですから
お肉は食べなくても大丈夫なのかもしれませんね。

とうてい74歳には見えないデヴィ夫人。
今回の「深いい話で」教えて頂いた上記2点、私たちもおおいに参考にして
若さと美貌を保ちたいですね。

でも、デヴィ夫人はお金もちだから、上で言ってたこと以外にも何か秘法をきっと使ってますよね。
その秘法については残念ながらわからないですが、
でも、わたしのような庶民でも手が届く秘法ってないかな〜?と思い探してみました。
みつけたのは雑誌でもよく見たことのある、これです。
@コスメ口コミランキングで1位だそうで、その口コミを読んでみると
見た目−10歳になったとか、周りに若返ったって言われたと書いてる人がいっぱい。
その上90日間も返金保証が付いているそうだから、品質は確かなようです。
↓ちょっと試してみる価値はありそうですね。よかったらのぞいてみてください。
⇒馬プラセンタでエイジングケア
エイジングリペア


このブログがあなた様のお役に立ちましたら幸いです。
今日もお読みいただき本当にありがとうございました。



  
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。