釈由美子 さくら 原因 |もう何リットルの涙を流したかわかりません

釈由美子 さくら 原因

女優の釈由美子さん(35)が

愛犬「さくら」ちゃんが亡くなった事をブログに書いたことで、ファンはもとより、

同じくペットを飼っている・あるいはペットを亡くしたことのある人たちから

共感と同情の声があがっています。

釈由美子 犬.png
引用元:http://p.twipple.jp/kAAni

今日は、釈さんが4年前の破談の理由を2月に語ったことがニュースになっていましたが、

それ以来独身で通してきた釈さん、

きっとワンちゃんは毎日の生活で、かけがえのないパートナーなのだと思います。

今は釈さん、他の2匹のワンちゃんとともに、さくらちゃんの思い出にひたりながら

悲しみを癒しているのでしょうか?

さくらちゃんが死んでしまった原因については、釈さんが

「前の晩までは、いつもと変わらず元気にはしゃいでいた。

病気でも事故でもなく 寝てる間に、突然逝ってしまった。」

と書いていますので、全くわからないようですね。

syaku yumiko.png
引用元:http://geocities.yahoo.co.jp/gl/hamasaki_ayumi0_0/comment/20090122/1232615743

まだ生まれて3ヶ月半しかたっていないということですから、人間に換算すると、5〜6歳。

遊び盛りで元気盛りのはず。

突然死をひきおこすような年齢でもありません。

それでもさくらちゃんにとっては、それが寿命だったとしか言いようがないですよね。

もしかしたらさくらちゃんは、天使だったのかもしれませんね。

他の2匹のワンちゃんが釈さんをなぐさめてくれることと思います。

釈さんがはやく元気になられることを応援したいですね。

ぜひ、釈さんの今いる2匹のわんちゃんに、

元気な今から、このペンダントお勧めしたいです。

ワンちゃんの脳幹を活性化して、元気にしてくれるペンダントだそうです。

⇒ペットの飼い主さん達の口コミよって大ヒット商品となった「イフペンダント」

ペットって、下手すると人間よりもかわいかったりするから、

どんなことをしてでも長生きしてもらいたいと思うのが大方の飼い主さんではないでしょうか?

もしこういったもので、かわいいペットが1日でも長く自分のもとで生きてくれるなら、

なんだって買ってあげたいとわたしは思ってしまいました。

(でも残念ながら、時既に遅しで、うちの愛犬はもういませんが)


今日もご閲覧誠にありがとうございました。

釈由美子 さくら 死因 |愛犬の死に釈由美子さん号泣!

釈由美子 さくら 死因

2014-04-20女優の釈由美子さんが、愛犬のさくらちゃんが亡くなったことを
オフィシャルブログで明かしました。その死因はいったい何だったのでしょうか?

「朝起きて、小屋を覗いたらすでに冷たくなったさくらが
穏やかな顔で、眠るように横たわっていました。
病気でも事故でもなく寝てる間に、突然逝ってしまったので
看取ることもできませんでした。」

と釈由美子さんは書いています。

愛犬さくらちゃんは今年1月5日に生まれで、
3月14日に釈由美子さんの家にやってきたばかりの小さなチワワ。

さくら.png
画像引用元:http://ameblo.jp/yumiko-shaku/entry-11827973591.html

たった3ヶ月半で逝ってしまったなんて・・・。

「何が原因なんだろう、さくらなんて、
華の命が短い名前をつけちゃったからいけないのかな。
私のうちに来なければ、もっと幸せに、長生きできたかもしれない。」

と、釈さんはご自分を責めているようです。

そんなことはないですよね、こんなに愛してくれる飼い主に出会って
さくらちゃんはきっと幸せだったと思います。

本当に短い期間ではあっても、きっと釈さんになにかを届ける為に来てくれたんでしょうね。

ただ、釈さんのこの文章からすると、死因は全くわからないようですね。
こんな風に、死因もわからずに突然死んでしまうということもあるのですね。

釈由美子.png
画像引用先:http://www.cinematoday.jp/gallery/E0002059/IMG_2535%202.jpg.html

今日のニュースでは「釈さんが、4年前の“婚約解消の真相”を赤裸々に語った」
という記事でにぎわってましたが、これを語ったのは今年二月のことといいますから、
このこととさくらちゃんのことは直接は関係ないでしょう。


ペットを亡くす辛さは同じ悲しみを味わった人なら誰もがわかります。
この悲しみはそんなに簡単に癒えるものではないものです。


でも救いは釈さんが、他にも2匹のワンちゃんをかっていることですね。
きっとそのワンちゃんたちが釈さんの悲しみをやさしく癒してくれることでしょう。


釈さんの今いる2匹のワンちゃんに、ぜひ元気な今のうちから、
「これつけたらどうかな」って思ったものを見つけました。

ペットを飼っている全ての人にぜひ見てもらいたいです。
ワンちゃんの脳幹を活性化して、元気にしてくれるペンダントだそうです。

⇒自然治癒力で犬・猫・ペットを助ける「イフペンダント」


ペットって、その純粋さゆえに、下手すると人間よりももっともっと愛おしかったりしますよね。
だからこそ、いつまでも永遠に自分のそばにいて欲しいと思いますし、
それが寿命の関係でかなわないと認めることはあまりにも辛いことです。

それでも、かわいいペットが例えたった1日でも長く自分のもとで生きてくれるなら、
わたしもなんだってやてあげたいと思います。
(でも残念ながら、うちの愛犬もさくらちゃんと同じところに行ってしまいましたが)


釈さんがゆっくりでも悲しみから立ち直ることをお祈りしましょう。

今日もご閲覧誠にありがとうございました。





posted by lapis at 19:29 | 釈由美子 愛犬の死の悲しみを乗り越えて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。